スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOTS-11 in 北海道 PART 5 

薄い酒はイヤだ。
とか言っておきながら、最近、日本酒を冷やで
飲むことがめっきり多くなったGOTS-11です。

しかし昔ほど、アルコールを摂取しておりません。



GOTSの北海道旅行記もいよいよ最後。


小樽の、この界隈をウロウロしていると、海鮮丼屋や
海産物屋が結構、あります。なので、どこへ入ろうかと
迷ってしまいますが、GOTSは1Fがお土産屋になって
いる店舗(名前忘れた)にしました。


丼ぶりの上に乗せる具を選べるというので、
まずは迷わず、ウニとイクラをチョイス。


かなり迷ったのがマグロ。


この日の朝、ホテルのバイキングだったのですが、
そこに出ていたマグロの刺身が、ムチャクチャ、まいう~!
大阪のスーパーで売られているマグロなんか比べものに
なんか、ならないくらいのまいう~!さでした。

だから、ここで食べたら、もっとまいう~!なのか?
しかし、3つ乗せると予算が・・・

あと、知り合いから聞かされていたボタン海老というのも
食べてみたい。

ここはマグロを我慢して、ウニイクラ丼にしました。
サイドメニューでボタン海老を。
IMG_5272.jpg
付属のみそ汁は、かにで出しを取ったものだそうです。
非常に良いお味でした。

ウニをそのままご飯と一緒に食べるのか、
ウニをつぶしてご飯と混ぜて食べるのか、
非常に悩みました。 

前半はそのまま、後半はつぶして食べました。


IMG_5273.jpg
ボタン海老のデカいこと! 味は普通に海老でした。
海老の頭のみそを小皿に出して、醤油を垂らして
2度おいしい。

できれば、海老の殻を焼いてもらってそれも食べたかったのですが、
「焼いてくれ!」とお願いする勇気がなかったので断念 orz

ウニイクラ丼を堪能したあと、お土産を買うべく、1Fへ。
知り合いから、数の子を買ってきてくれ とリクエストを
受けていたので、数の子を購入。カナダ産と北海道産の
2つが売っていたのですが、北海道に来て、カナダ産を買うのは
なんだかなぁ。ということで迷わず北海道産を選びました。


IMG_5274.jpg
よくスーパーで見かける光景。鮭の切り身が並んでます。
しかし、その横には、







IMG_5275.jpg
鮭が丸々1匹!! しかし思っていたよりは
小振りだなぁという印象でした。

IMG_5276.jpg

その反対隣りには、鮭の開きが。
IMG_5277.jpg
まぁ、なんという豪快な”開き”でしょう!

IMG_5278.jpgIMG_5279.jpg
結構、いい値します。

時間は14時00分くらいだったと思います。
飛行機は17時30分発。

もう1時間くらい、この場にいてもいいのですが、
リニューアルした新千歳国際空港で更にお土産を
買いたかったので、小樽をあとにすることにしました。


IMG_5280.jpg
小樽駅 構内。ホームにあった、ガス灯を模した電気ランプが
沢山、つるしてありました。

IMG_5285.jpg
駅のホームにあがり、辺りを見回したらこんなのがありました。

IMG_5286.jpg
昔に使用していた駅表示でしょうか。

それと、石原裕次郎の等身大写真。
IMG_5287.jpg

IMG_5287.jpg
実際に、この場に立たれたらしいです。

IMG_5289.jpg
意外と、背がデカかったんですね。

石原裕次郎というと、太陽にほえろ のボスという印象しかなく、
過去の日活映画時代は、まだ生まれてなかったので、どんなに
スゴい大スターだったのか?というのは皆目、見当もつきません。

小樽駅を2駅ほど上ったところに、小樽築港という駅があります。
そこには、石原裕次郎記念館というのがあります。当初、そこへ
行こうかな?と思ったのですが、入場料¥1500。たけぇ。
なので、ヤメました。

IMG_5292.jpg
このホームには、石原裕次郎にちなんだ名前が付いておりまして、

IMG_5294.jpg
そのままです。

IMG_5290.jpg
何かを展示しているのでしょうか、小樽ステーションギャラリーというのが
あります。早速、中に入ってみましょう。

IMG_5291.jpg
と思ったら、閉鎖中。

電車に乗って、一路、千歳空港駅へ。
来るときはずっと、ガイドブックを見ていたので
外の景色は全く見ていませんでした。

帰りにはもう、ガイドブックは用済み。
なので、外の景色を眺めながら空港へと向かいます。
IMG_5300.jpg
極寒の海。


IMG_5298.jpgIMG_5299.jpg

IMG_5306.jpg
北の地を題材にした歌は、
なぜか悲しい曲が多かったように思います。

ちょっと場所が違いますが、津軽海峡冬景色なんて、


♪~
北へ帰る人の群れは誰も無口で、海鳴りだけを聞いてる。

私もひとり、連絡船に乗り

凍えそうなカモメ煮詰め焼いてみました

嗚呼、津軽海峡冬景色 ♪~


哀愁たっぷり漂う、昭和の名曲です。
僕のmp3プレーヤにも当然、入ってます。

当時は普通に、演歌がヒットチャートに入ってましたしね。

IMG_5308_20120131175051.jpg
札幌付近。建物に煙突があります。
IMG_5318.jpg
通気口?しかし、それだと冷たい風が入ってくるし、
では一体、この煙突は何のためのものなのでしょうか。


IMG_5319.jpg
札幌の町。今日もこんな感じで、雪が積もっているのでしょう。

IMG_5317.jpg
電車に乗っていると、遠くにサッポロビールの煙突が見えます。
かなりレトロが佇まい。サッポロビールのビール工場かと
思っていたのですが、今はレストランらしいです。


IMG_5320_20120123125414.jpg
団地の最上階に、スゴいツララがあります。
真下に垂れずに、部屋のほうへ向かって
垂れてます。僕ならツララを破壊したいと
思うですが、そのまま置いてあるということは
破壊したあとの処理にこまったりするのでしょうか。
誤って、下へ落下してしまってもよくないですしね。
真意は不明。


ダイヤに少々の遅れがあったらしく、札幌駅に着いたのが、15:40でした。
何も考えずに、まだ小樽にいたら、ちょっとヤバかったかも。

昨年にリニューアルした新千歳国際空港。
ここである程度のお土産を買って帰ればいいだろうと
思っていたので、搭乗手続きをしてからお土産探しに。

そのとき、
IMG_5322.jpg
このような催しが目に入ってきました。

そう言えば、行きの便を降りたとき、この海洋堂の
専務さんらしき人を見たので、「あれ?あの人、専務さん
違うんかいな?」と思って見ていました。
色んな雑誌に顔出しでインタビューを受けたり、過去に
ナマで何度か見たこともあったので、容姿は知っておりました。
当然、先方さんはGOTSのことなんか、知る由もありません。

これを見て、「あぁ、やっぱりあの人、専務さんやってんな」と
合点がいきました。この催しを見るのも大事かもしれませんが、
まずはお土産。

ヨメさんは「白い恋人がいい」と言ってたので、それを。
子供たちは、「なんか買って来て」と。
両親には、北海道の地酒。
その他知り合い系には、六花亭のお菓子を。

子供たちに何を買えばいいのか分からなかったので、
北海道限定のチョッパーのキーホルダーにしました。

あとで後悔したのですが、小樽で、長さ約1mくらいの
タコの足、丸々1本が約¥3000くらいで販売されてました。
あんなの、まず見る機会なんてないから、子供たちに見せて
やりたかったなぁ、それに1mもあれば、酒のアテに当分は
困らんかったやろうなぁとつくづく思いました。


買い物も済ませて海洋堂展へ。
ほとんどが、今まで海洋堂が手がけてきた
食玩でした。
IMG_5326.jpg
等身大のケンシロウとユリア。

IMG_5327.jpg
家に帰ってから、デジカメのモニターに表して
北海道の様子を子供達に話ししていたのですが、
そのとき、ユリアのこの画像が出てきて、
「ヤベ!!こんな女の人、オレいつの間に撮影しててん!?
ヨメさんに見られたら、シャレならんでぇ!!!!!」と
マジで焦ってました。しかし焦りながら、「けど何か違う」と
思い、よく考えたら、作り物じゃないかと、安堵したという
ウソのようで、ホントのマジ話し。


IMG_5324.jpg
綾波レイ。

IMG_5323.jpg
大魔神。

IMG_5325.jpg
どアップで撮影している人がいました。
GOTSも、どアップで撮影しようかな?と
思ったのですが、そんなの撮影してもコワい
だけなので、やめときました。

帰りの飛行機も、専務さんと同じでした。
GOTSはエコノミー。専務さんはビジネスクラスでした。
さすが、お金持ち。

専務さんのシャッターチャンスは何度もあったのですが、
業界人といえども、プラモなどに興味のない人たちからしたら、
一般人。それに勝手に撮影して勝手にブログにupするのも大変、
失礼な話し。なので、専務さんの画像はありません。


IMG_5332.jpg
わかりづらいですが、雪が降りしきる千歳空港。
GOTSがいる間は、晴天でした。
OEM先のひとも、「こんなに晴れてるなんて、ホンマに
めずらしいで。この時期やったら、普通に雪が降ってるか
曇ってるかやもんな」と言ってました。


行きも帰りも修学旅行生がいたので、良い席を
確保することができませんでした。
帰りの大阪の天気は雨。なので、雨雲を突っ切って行く
ルートになります。雲のなかを飛ぶと、かなり揺れます。
揺れるたびに、修学旅行生がキャーキャー騒いで仕方ありません。
まぁ、飛行機に乗るのが初めてなんでしょうね。


こうしてGOTSは、無事、大阪へ帰還。
夢のような2日間は、あっという間に夢の彼方へ。

今回、仕事で北海道へ行ったのですが、この仕事が
なければ、北海道へいくことなんてなかったでしょう。

もう2度と行くことはないかもしれませんが、
機会があるなら、是非ともまた行ってみたい。

北海道は、みなさんにもお勧めできる、いいところです。




わざわざお越しくださり、感謝しております。
ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://gots.blog36.fc2.com/tb.php/399-769ffe7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。