スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOTS-11的 ワンダースポット(天王寺じゃないよ) 

人間サイズのビームサーベルが販売されてましたが、
そんなものより、人間サイズのビームライフルを
販売してくれよと思うGOTS-11です。
1981年頃に、クローバーから発売されていたものを
買いましたが
、結構、子供心にHITしました。

サーベルっつったって、ニョキーンとビームが伸びる
訳ではなく、サーベルの柄の部分だけ持っていても、
なんだかなぁ。という感じしかしないので、
買っても何も面白みなんかありゃしません。


先日、仕事でH庫県 K川市に行ってきました。
Nという交差点があり、その付近に
IMG_3357.jpg
IMG_3358.jpg
IMG_3359.jpg

こんな廃墟があります。初めて見たとき、
スケールのデカさに驚きました。
この門に向かって右側には、コンクリート塀が
約100mくらい続いてます。ようは、それだけ
敷地がデカいということ。

作りからして、明治まで遡るのか、もう少し
新しいのか。しかし、いずれにしても、昭和より
以前なのは確かなんじゃない?と思われる建物。

この建物は、所有者がおられるそうなので、
この門より奥に入ると明らかに不法侵入になる故、
入ることができません。

一時期、廃墟にスゴく凝っていて、どこそこに
廃墟があると聞くと、行かずにはいられなくなる
くらいに夢中でした。

廃墟と聞くと、「心霊スポット」を連想される方が
結構、いらっしゃいますが、ボクの場合はそうではなく、
廃墟独特の朽ち果ててボロボロになった姿のなかに、
どこか芸術性を感じてしまいます。

創造と破壊の、「破壊」の方ですね。
新たに、何かへと変貌と遂げる前の朽ち果てた姿に
たまらなく魅力を感じていました。

しかし、よくよく考えてみると、廃墟に魅力を感じると
いうことは、良くないことなんじゃないか?と
思うようになりました。

例えば、店舗を例に取ると、「あそこのテナントだけは
どうしても埋まらない。」 「あそこに入った店舗は
なぜか皆、経営不振で営業続行不可能になり、すぐに
消えていく」など、また一般家庭においては、
「夜逃げしたあそこの家に誰かが越してきたけど、
ヘンな家族やなぁ、アソコのオバハン、ヒステリックで
頭おかしいんちゃうか?」

というように、その土地土地には良くも悪くもいわく因縁
(良いことには因縁という言葉は使いませんが) というものがあり、
悪い因縁があるからこそ、店舗は繁栄せず、人の運気を吸い取る
ほどの悪いパワーがはびこり、そして遂には建物を残したまま、
人は去り、朽ち果てていったのではないか?
そう思うようになりました。

ひょっとして、オレってば、かなり悪い場所に
行ってるんじゃないか?悪い場所に行くということは、
それなりの因縁も貰って帰ってきてるんじゃないのか?
そりゃ、マズいだろう。ということで、廃墟趣味はヤメました。

とか何とか言いながら、仕事で近くまできたので、
あの門がまだあるのかどうか、見てみたく思い、
前を通っていったのでした。




門の前を通過し、ほんのしばらく、車を走らせたある時、
目を疑うような、ある物体が建物の上に固定されているのを発見しました。

思わずボクはUターンし、元の場所まで戻ってきました。
nazo 01



つづく

追伸:詳しい場所を教えてくれ!!と質問をもらっても受け付けません。
   自力で探して下さい。


わざわざお越しくださり、感謝しております。
ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。





Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://gots.blog36.fc2.com/tb.php/376-f4879615

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。