スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOTS-11の自転車放浪記 in天王寺PARTⅣ 

ヤマトの製作は進んでおりますが、
放浪日記をupするGOTS-11です。

IMG_3140.jpg
フェスティバルゲートから更に南に下ったところにある、
元赤線地域。

そう、ここが飛田新地です。
昭和33年の赤線廃止まで、遊郭として栄えていた町。
あとで知ったのですが、赤線地域を囲むようにして
立っていた塀の名残が、この画像を撮影している
ボクの後ろにあるそうです。全然、知らなんだ。

IMG_3142.jpg
上に見えるは阪神高速。

間の通りを挟んで、左側、尚かつ阪神高速の向こう側が
カワイイ子通り。その反対側は妖怪通りと言われてます。

かわいい子通りは、一部、例外はありますが、若い女の子が
軒で座ってます。妖怪通りは、いわずもがな、オバハンや
ババァまでいるときがあります

IMG_3145.jpgIMG_3146.jpg
一部、改修されてますが、大正時代に建てられたと言われている
遊郭建築。窓のあたりに、大正時代の様式美が伺えます。

IMG_3144.jpg
この建物も、大正時代に建てられたのかどうかはわかりませんが、
それっぽい洋風建築です。

朝の7時半くらいでしたが、既に1件、営業をしておりました。
そして、中から客がひとり、出てきました。
何ともお盛んなことで。

IMG_3152.jpg
このように、店が並んでます。夜ともなると大勢の老若男が、
果てる相手を求めてやってきます。閉店間際に行くと、
値引きしてくれる場合もあります。

バブルの頃は、接待でここへ連れてくる人が非常に多かったそうです。

IMG_3149.jpg
完全予約制の店鯛よし百番。ここは遊郭ではありません。
これまた大正時代に建てられ遊郭として使われていた
建物を少々、改装してまさしく料亭として使われています。
中に入ったことはありませんが、かなりワンダーなようです。

IMG_3151.jpgIMG_3150.jpg
豊臣秀吉の桐紋を施してある客門。その横の掲示板も
朽ち果てかけてます。

ここからもう少し南へ下ると、聖天さん があり、
その周辺には、昭和初期に立てられたと思しき
建物があったり、「コレ、ホントに人がすんでるの?」
と首を傾げてしまうようなデカい荒んだボロ家があったり、
人相学 と看板を掲げた民家があったりとかなり
何十年も時間が止まったままな、ワンダーな世界がまだまだ
広がっているのですが、なにせ、そのどれもは、一般の方の家なので、
撮影しても掲載するわけにはいかない故、興味のある方は、
是非ともナマで、そのワンダーさ加減を体験してください。



わざわざお越しくださり、感謝しております。
ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://gots.blog36.fc2.com/tb.php/373-b2ced98d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。