スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマト 後部甲板の側面の発進口① 

蒸し蒸しと、蒸し暑い日が続いております。

「暑さに、まけないように!!」と言ってるひとが
いますが、暑さに負ける前に、世の中の不景気の波に
負けてしまってるGOTS-11です。

ツラい不景気に比べたら、暑さなんてなんのその。
暑さは耐えられますが、不景気による仕事の無さは
耐えられません(辛)。

kyuumeitei.jpg
ヤマトの後部甲板の側面には、救命艇が発進するための
発進口があるのですが、それがキットでは見事に
ふさがれてしまってます。これでは救命艇が発進できません。

ここに発進口とその道を造ります。



IMG_3437.jpg
まずは、このように、プリントアウトした型紙をプラ板に貼って
カットしていきます。

IMG_3442.jpg
家にあった、エバーグリーンの1mm丸棒を通します。
これを壁の支えにしようとしましたが、結局、使うことはないかも
しれません


IMG_3438.jpg
IMG_3439.jpg
試験的に作ったヤツですが、試験的とはいえ
コレはコレで使い道がありました。それはまたいずれ。

うんうん唸って結局は、後部カタパルトの基部を先に
とりかかることにしました。

そのままでも良いっちゃあ良いのかもしれませんが、
HJの作例よろしく、ちょっとこだわってみたい箇所でも
あります。

IMG_3469.jpgIMG_3470.jpg

ストンとまっすぐに落ちている基部を釣り鐘状に
削っていきます。

どうやって削っていこうか?と、これまた、うんうん唸っ
て中々、作業に取りかかることができませんでした。

失敗したら、したでいいじゃないか。と割り切り、
やっと取りかかりました。

スジボリ堂のBMCタガネ 0.15mmでスジを入れていき、
0.3mmで、削って行きました。ある程度、ミゾが出来てきたら
今度は、HIQpartsのスジボリツール0.8mmと1.4mmを使い分け
ながら、キコキコ。そしてだいたい形になったら、デザインナイフで
カンナがけの要領でキコキコ。

HIQpartsのスジボリツール、現在は、販売されてません。
是非とも、再販してほしいところです。

IMG_3468.jpg
まだ、完成というところまでには至ってませんが、
ほぼ、完成。こんな感じです。

IMG_3469.jpgIMG_3466.jpg
上の画像が施工前、下の画像が施工後。
これじゃあんまり、わからないですかね?

IMG_3470.jpgIMG_3468.jpg
上が施工前、下が施工後。
まぁ、こんな感じです。


現在は、両方とも削り終えてます。
なので、次は発進口にとりかかります。


わざわざお越しくださり、感謝しております。
ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。