スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイニーズデモクラシー byガンズ&ローゼズ 

実は、東京特許許可局に勤めているGOTS-11です。

まぁ、そんな局は存在しないのですが。


14年ぶりに発表されたガンズの新作、チャイニーズデモクラシー。

どんなアルバムになっているのだろう?
ボーカルであるアクセル・ローズの好き勝手なアルバムに
なってるんじゃなかろうか?なんて思ったりしてました。

デビューアルバムであるアペタイト フォー ディストラクションに
収録されている、ファンには超有名な曲であるパラダイスシティを
勝手にユーロ調というか、そんな感じにしたりしたので、
悪い意味で「ガンズであってガンズでない」アルバムになってや
しないか?と心配しておりました。で、CDショップの視聴コーナーで
聞いてみたところ・・・


・・・









えぇやん?
良くも悪くも過去のガンズとは、かけ離れた楽曲、演奏に
なってますが、えぇやん!カッコえぇやん。

迷わず、CDを手にとってレジに行きました。


しかし、購入したのは輸入版でしかも、そのショップが
オープンしたてだったのでオープンセールで輸入版¥1890の
ところを¥1260販売されていたやつを迷わず買ったのですが、何か?

昔のガンズは、自分的な思いで言うとどこかブルースと少々パンクの
要素が含まれているような感じがありギターはエフェクターなしで
ギターアンプの調整だけで歪み音を出してましたが、今回の
アルバムはエフェクターばりばり。しかも前述の雰囲気は一切なく、
ハードロック色が色濃く出ております。

なのでハードロックファンには良い印象を与える1枚になってると思います。
自分の根本はハードロッッカーなので、収録されてる曲も、
これまた自分的にはハズレなし。

前作のオリジナルアルバムであるユース ユア イリュージョン1&2は、
結構、適当さ加減が見え隠れしたアルバムという印象を受けて
いただけに自分としては前作を上回ったなという感じがします。

14年かかって都合14億円もかかってしまったアルバム。
アクセルは、単独来日公演をしたり、なんやかんやと
収入を得ていたみたいですが、その他の現メンバーは
どうやって生活していたのでしょう?と勝手に心配して
しまいます。ガンズとしてライブ活動をしない、なおかつ、
アクセル以外の現メンバー参加のアルバムなんて無い。
ということは基本的に収入が無い。

生活、大変だったろうねぇ。しかし、これからしばらくは
安泰になるんじゃない?と思うのでした。


先週の日曜に1/100エクシアをパチ組みしたのですが、
今週は、1/144ジンクスⅢ、1/144ジンクス、1/100 ダブルオーを
購入、そしてその3つを買ったハナからパチ組みして
しまいました。

1週間に4個もパチ組みしてしまいました。

他の人は、「1週間に4個?少ねぇ」とか
「普通じゃないの?」と思われるかもしれませんが、
for me 自分にとっては非常に珍しいことであります。

零戦はあと少し。

本当についにあとは塗装だけだ!!










と思ってましたが、今度は引き込み脚の
カバーをバキ!!とやってしまいました。
そして、セコセコと作った真鍮パーツも吹っ飛んで
しまったのでしたOrz

なので、その部分をまた製作しなおしだ!!

誰かは知らないが、オレの作業の邪魔をすんな!
そんなことをしたら余計に完成が遅れるだけだぞ!!
と叫びたくなる、寒い秋の夜の出来事でした。










ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。












スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。