スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精密図面を読む 

精密図面を読む

という本があります。戦闘機の図面と出で立ちが掲載されており、
非常に興味深く読める逸品です。既に1~10まで出ているのですが、
9までは絶版。

図面と言っても、現在、色々な書物に出回っているような
パネルラインのみの図面ではなく、なんとリベットパターンまで
掲載されているじゃありませんか!!
零戦は探し回った結果、色々とリベットパターンが記載された
ものがあり、またタミヤ1/32零戦という立体資料まであります。
ここはやはり、メジャーどころ。出版されている書物数も多い。
しかし、それ以外の戦闘機に至っては、中々無い。
あったとしても側面図だけとか、パネルラインだけのものばかり。
せめて、フレーム図があれば、なんとかそこからリベットパターンを
読み取ることもできるのですが、それすらないものがあります。

晴嵐、屠竜、月光。
この辺りのものは、まぁまずないでしょう。
本以外で調べるのであれば、実際にアメリカのスミソニアン博物館に
いかない限りは調べることができません。

いくらNETで調べても、「在庫無し」ばかりでどうにも埒があきません。
そこでパっと閃いたのが「図書館にあるんじゃないか?」
ということ。

早速、地元の中央図書館のホームページにアクセスして調べてみたところ、
なんと1~3までですがありました。
なので昨日は、そそくさと会社を後にし、図書館へ直行!
夜8時まで開いているのですが、早く本を手に取りたいという一心から
心は逸るばかりでした。

早速、探したところ・・・
Img_5209.jpg
ありました!!

3のみ、一般棚に置かれていて、1と2には書庫にしまわれてありました。
それを引っ張り出してきてもらい、借りて帰ることに。

貸出手続き(といってもカードをスキャンするだけですが)を終えた途端に、
目次を見ながら歩く始末。
「うわ!!晴嵐!!しかもフロート無しの写真まであるやん!!?
月光!!屠竜!!コルセアもスピットファイヤもあるやんかいなぁ!!」
目次を見て、ニタニタしながら図書館の通路を歩いておりました。

今日ほど、我が町を愛おしく思えた日はありません。
なんて素晴らしいんだ我が町わぁ!!
近隣の市の図書館のホームページをチェックしても「お探しの本はございません」と。
我が町の図書館にのみ、あったのだよ!!

Img_5212.jpg
これが晴嵐です。伊-400号潜水艦に3機
収納することができます。潜水艦に入れるときは、羽根が折りたたまれます。
フロートを外すと、ムチャ早く飛ぶことができる(非常に曖昧な表現)。
Img_5213.jpg
これがフロート無しの写真です。こんなの他を
探しても、まぁまず出てこないでしょう!

本を見てこんなにしびれたことなんて、中学生の時にフィーメールのネイキッド本を
マジマジと初めて見たとき以来の衝撃ではないでしょうか!?
と思えるくらいにしびれまくりました。

Img_5210.jpg
晴嵐の図面。

Img_5211.jpg
アップで画像を撮ると、ちゃんとリベットパターンが
あるのがわかるでしょ?

しかし、心ない人が2枚ほど図面を破いておりました。
破りくちがギザギザになっていたので、恐らく、図書館内で閲覧しているときに
ビリビリと破いて持ち帰ったものと思われます。
史上初のジェット戦闘機メッサーシュミットMe262とあともう一つは
知らない飛行機でした。

できることなら、この本まるごとパクりたい。
だから、破りたい気持ちは分かるけど、君のものじゃないんだぜ?
そんなことしちゃダメだよ。それは万引きと同じだよ。

明日から会社は休みなのですが、こっそり会社に来て
図面、その他をコピーしまくろうかな?などと考えております。
できることなら、この本まるごとコピーしたい!!



ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。