スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HY2Mのパーツ取寄について 

今日、バンダイのお客さま相談センターに電話しました。
中々繋がりません。

話し中、もしくは「繋がった!!」と思いきや、
ゴーーーーっというノイズ音とともに、
「お電話ありがとうございます。
バンダイホビー事業部でございます。
只今、大変混み合っておりますので、
しばらくたってからお掛け直し下さい」
というアナウンス。

まるで、アーティストのコンサートチケットを
ゲトるかの如く、何回も何回も立て続けに
電話しました。
話し中音が聞こえては即、電話を切り、リダイヤル。
アナウンスが聞こえては即、電話を切り、リダイヤル。

リダイヤルし続けること約10分。
やっと繋がりました。

GOTS-11(以下G)「あの、HY2Mのグフを先日
         購入させていただいたんですが」
バンダイ(以下バ)「あ、あの光るヤツですね?
          ありがとうございます」
G「で、MGとかその他のプラモにはパーツ取り寄せの
  シートというか、そんなんあるんですけど、
  HY2Mの説明書をいくら探してもソレがないんですが、
  コレってパーツ取り寄せはできないんですか?」
バ「いえ、そちらの商品も基本的にパーツのお取り寄せが
  可能です。しかし、他の商品に比べて価格が高く
  なっております」
G「あぁ、そうなんですか。例えば、グフの胸の黒い
  部分ありますよね?あそこだといくらします?」
バ「・・・黒い部分というとハッチですか?
G「いえ、その上にある黒いとこです」
バ「あぁ!あぁ!ありますね!!ハイ!!
  HY2Mは他の商品と違ってひとつづつのパーツ
  取り寄せではなくて、ランナー単位になるんですよ。
  で、金額なんですが、(ガサゴソとなにかを
  あさっている音が)えぇっと、ん~、あ!あった。
  あ、これは違うか、グフの説明書があったと思った
  んですが、これはドムですねぇ。ドムならあるんです
  けど、グフですよねぇ。ん~、すいません。
  そしたら、調べてすぐに折り返し、お掛け直し
  致します。」

と非常に丁寧に対応してくました。
待つこと約5分。

続きは「続きを読む」で。
画像は、ナシよ。

ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。