スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の金曜は 

4月6日(金)は、長女の小学校の入学式でした。
それにより、僕は有給。
入学式は半日で終わるのですが、1日休みました。
ということで3連休。

氣合いを入れて髪の毛を逆立てて、入学式に臨みました。
いやぁ、しかし、入学式って非常に退屈ですね。
次女も連れて行ったのですが、あまりもの退屈さに
コネコネにゴネまくって大変でした。

当たり前ですが、過去、自分は小学校に通ってた訳ですが、
まさか、小学生の父親になるなんて、思っても見ませんでした。
小学校に行ってた自分と、小学校に子供を送る自分。
何か、非常に不思議な感じがしました。

ここのところ、土日は色々と忙しく、ろくにどこも連れて行って
あげてないので、入学式が終わったら、遊園地に行こう。
と言って、エキスポランドに行ってきました。
関西地区以外の人は、ピンとこないと思いますが、
1970年に開催された、万国博覧会会場跡地に建てられた
遊園地です。故・岡本太郎氏の太陽の塔が建っているアレです。
厳密に言うと、太陽の塔は、エキスポランドではないんですがね。

全然関係ないですが、1970年に生まれた男子の名前に
「博」という字が付いてる人が結構いるらしく、それは単純に
「万国博覧会が開催された年に生まれたから」という理由だけで
「博」という字を当てられたそうです。あなたの周りにも
いませんでしたか?探せばきっと、そのような理由で
「博」という字が付けられた人がいるハズです。

当初、家族4人でいく予定でしたが、ヨメさんが
急な歯痛により、僕と長女の2人で行くことになりました。

ディズニーランドと比べるものではないと解ってはいるものの、
従業員の対応がなんか、ぶっきらぼうで冷たかったなぁという印象。
そこを改善すると、もっともっと良くなると思うんだけどなぁ、
人をもてなす心は、入場券売り場の人には必要ないなんてこと
ないんだよ。君たちが他の人たちと一丸になってこそ、
エキスポランドが盛り上がるのだよ。わかるか?ドレン。
と言いたくなりましたが、そんなこと言えるわけありません。
しかし、それ以外は僕も充分に楽しんでしまいました。

平日にしては、まぁまぁ客の入りが多かったですね。
しかし、待ち時間という待ち時間がほとんどなく、
スムーズに行きました。

アトラクションと呼んでいいものかどうか、
クイズで景品がもらえるものがあったのですが、
それに親子2人でハマってしまって5回くらい
チャレンジしてました。結局、景品はもらえず(泣)。

で、3連休明けの今日。
なかなか、社会復帰できずにボォ~~っとしてました。
2連休ってちょっと短いけれども、
3連休ってむっちゃ長い。

朝、会社に来たら、色々と机の上にFAXやらなんやらが
ありましたが、字を読むのが非常にめんどくせぇったら
ありゃしない。

やっと社会復帰出来たと思ったら、もう夜でした。



ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。

スポンサーサイト

1/60 グフ 

今から去ること20数年前、ボクはまだ小学6年生だった。
小学6年生に進級する春休み、めぐりあい宇宙が劇場公開され、
その終了と共にガンプラブームも一旦、終焉を迎えたのであった。

劇場公開の完全終了が、鎮静剤のようにみんなのガンダム熱を
奪っていった。しかし、その鎮静剤が効かない者も数多くいた。
だが中には、ブーム終了にも関わらず、「ガンダムが好き」と
公言することを大いにはばかり、その思いをひた隠しに隠し通して
いた者も少なくはなかった。

ブーム終焉と共に、ガンダムに背を向けた者たちは、
未だガンダムを忘れられずにいる者たちを、まるで時代に追随する
ことのできなかった時代遅れの人間を扱うかの如く、冷やかしたり、
バカにしたりした。
今まで一緒になってガンダム、ガンダムと騒いでいたのに、
ブームが過ぎさったと共に、「好きだった」という事実まで
過去の彼方に追いやってしまう。
そんな彼らの言うことには耳を貸さず、ただひたすらに
ボクはガンダムにのめり込んでいた。

その時、ボクにはまだガンダムを捨てることはできない理由があった。
その理由は、グフだ。

グフは青い。青いはニヒル、ニヒルは2番手、2番手は
アオレンジャー、アオレンジャーは青い、青いはグフ、
グフは青い、青いはニヒル、ニヒルは・・・・

ボクは、青い存在に惹かれずにはいられなかった。
ようするに青=格好いいという図式が
その当時のボクの中にできていたのだ。

ガンダムの中で一番、好きだったモビルスーツ、グフ。
そのグフが1/100で発売されることが決定した。
それが小学6年生のときだった。

それと時代を同じくして1/60ドムと1/60ゲルググも
発売された。では1/60グフも出るのでは!!?

どうしても欲しい。1/60グフが出たら、絶対に手に入れたい。
その思いは日に日に増していくのであった。

小学6年生のある日、ホビージャパンを立ち読みしていると
1/60グフ発売決定!!という記事を発見した。
「やった!!ついに念願が叶った!!やったーーー!!!!
!!!・・・・・・・・・」

その次の瞬間、ボクは自分の部屋の天井を見つめていた。
全く訳が分からなかった。さっきまで本屋にいたのに、
どうして部屋にいるのか?

そう、夢を見ていたのだ。
自分の夢が叶った夢を見たときの目覚めほど、
ツラく哀しいものはない。

1/60グフはとうとう、発売されることはなく、時代は
MSVへと流れていった。

夢にまでみた1/60グフ。もう一生、夢が叶うこともあるまい。
さようなら1/60グフ。


それから21年後、HY2M(ハイパーハイブリッドモデル)として
1/60グフが発売された。
「ウソだろ?夢じゃないの?それとも完成モデル?絶対に
有り得ないよ」とその存在を目の前にしながらも、
ひたすら否定し続けていた。

しかし、どうやらホンモノらしい。
しかし、価格は¥12000(税別)。

買えねぇよ。

あとで知った話、HY2Mというのはある一定の数が出たら、
もう生産しないとのこと。だから、グフ売り切れ=ハイそれまでよ。

それを知ったときはもう、あとのカーニバル(まつり)だった。

ヤフオクでも結構、いい値で売買されてるし、買うに買えない。

さようなら、1/60グフ。
夢にまでみた1/60グフ。
21年もの時を越え、ついに夢が現実になったにも関わらず、
現実になった途端、現物を見ながらもその事実を
自分の中に受け入ることが出来ず、その存在を抹殺しようとした
1/60グフ。

-----------------------------
で、3月に再販決定!!
買っちゃいました。
ジョーシンで。いつも2割引の上に今日まで更に1.5割引セール。
尚かつ、ポイント¥2600を使い、約¥5900!!
ほぼ半額!!!買うしかないでしょう!!

しかしこの1/60グフ。
カトキテイスト満開で、グフとはいえ、グフとは言えない。
MGグフと同じような感じです。

だから、また改造しなくては。取り説を見ると、パーツ取り寄せの
ページがない!!!!パーツ取り寄せできないのかよ!!?

これって不良品?などと思いつつ、バンダイに聞いてみようと
思う今日この頃です。
Img_4735.jpg



ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。

更新停滞前線北上中 

ブログのテンプレートを変更しました。
ちょっと雰囲気を変えて、ノスタルジックに。
なんのこっちゃ、さっぱわやですが、
とにかく気分を変えて、新たにスタート。

グフの関節ですが、一条の光が見えてはいるものの、
出口にたどり着かない。もう少しなんだけどなぁ。

なので、中々更新できずにいます。

-----------------------
先日、久々に大阪は日本橋にあるショットバー
♯78(78バンチ)にいってきました。
実に約1年ぶり。

最低でも1ヶ月に1回は行こうと思ってたのですが、
色々と家庭内の事情があり行けずじまいで
気が付けば、ほぼ1年が経過しておりました。

マスターが「おぅ久しぶりッス!」と言ってくれたので
覚えててくれてよかったぁと思いました。

♯78は、ガンダムズの並びにある、
1/35シャアザクが置いてあるバーです。

日本橋を徘徊されている方は、一度は
前を通ったことがあると思います。

矢沢永吉ファンが集うバーがあったり、
ハマショーファンが集うバーがあったり、
○○好きな人が集まるバーって結構、あるようですが、
♯78は、まさしくオタクが集まるバー。
もう、オタクの集まり。
見てくれがいかにも!!って人もいれば
普通のサラリーマンの人もいたり、色々。
先日は、ウルトラマンの話しでスゴく盛り上がってました。

昨年、ぴあ大阪版にちょこっと紹介されてました。
「○月○日にぴあの人が取材に来るで」と
教えられたので、写真に収まりにいきました。

他の客はピンぼけだったのに、ボクだけ
スッキリくっきりパナカラー。
ピントが合ってました。
しかし、写真が小せぇ。
しかし、そのぴあ、ちゃんと今でも家に置いてます。

来週の金、土、日は展示会で南港まで行くので、
バンメシいらないよ。と言ってまた♯78に行く予定。


ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。

どうして、そんなにゴイスーなのよ? 

keitaさんのMGストフリ。
無事にオークションのほうも終わったようですが、
落札価格が、な、な、なんと¥146万!!!
厳密にいうと、端数もありますが、¥146万!!!
あまりの金額にビックラコキコキです。
こういう人って、何をやらせてもスゴイんでしょうね。
カッコいい人は何をやってもカッコいいといいますが、
スゴイ人っていうのは何をやらせてもスゴイ。
keitaさんは、元々ヤフオクで自作のプラモを高く
売りさばくためにプラモを始めたんじゃないと思うのですが、
結果、自ずと高く売れてしまうような腕と人気を
博してしまったのだと思います。

飽くなき技術の追求と、純粋に究極の完成度を
求めた結果が今にあると思われます。
しかし、本当にそれだけなのか?

続きはread moreで。
画像はナシよ。



ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。

続きを読む

元旦 2007年1月1日 

 新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくメカドック。

昨日のブログ、結構、長すぎましたね。
今見て、長すぎたなって思いました。

だから今日は控えめに。


ブログランキング参加中です。
ひとつ、ポチっとな。と、お願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。